« ページ打ちのスクリプト@デジタル原稿 | メイン | トーン用のパターン定義 »

ノンブルscriptサンプル例@デジタル原稿

ノンブルscriptの修正例を以下にあげときます。

あ、前回書き忘れたけど、
このscript、モードがモノクロ2階調だと動かないと思う。
レイヤー作れないから。
グレスケ、RGBは大丈夫だ。

スクリプト本体

これはA5原稿用なので、
B5に変更してみます。
用紙はサンライズさんとこでダウンロードできる
B5原稿用のフォーマット、psdデータ。
(すいません。ちょっとお借りします。いつもお世話になっております)
塗り足しの外に注意書きもついてるアレです。

script修正箇所
修正するのは番号のついたこの5カ所。
①〜③はノンブル位置の指定
④はフォントの種類
⑤はフォントサイズ

script修正箇所の調べ方
とりあえず一枚原稿を開いて、好みのノンブルを左右とも入れてみる。
で、その位置を図る。(定規を表示させて読み取ればOK)
①はファイルの上からノンブルの下までの距離(mm)
②は左ページのときのファイルの左端からノンブルの左までの距離(mm)
③は右ページのときのファイルの左端からノンブルの右までの距離(mm)
これらの距離は原稿用紙の余白部分に関係なく、
解像度にも関係なく、
とにかくpsdデータの
上から/左から
計って下さい。


④フォントはパソコンで表示されるフォントじゃなくて、ポストスクリプト名で。
ネットで検索すれば見つかると思う。
⑤フォントのサイズ(ポイント)

script修正後
修正してみた。
これで適当なところに保存する。

原稿用紙準備

フォルダに原稿用意してみた。
そのうちの一枚をPhotoshopで開く。

新規アクションを作成。
記録開始。
ファイル→スクリプト→参照→作ったスクリプトファイルを選択→開く
スクリプトが実行されるので、
作業が終わったら、記録終了。
ノンブルが目的の位置に挿入されているのを確認したら、
ファイルは保存せずに閉じる。

つぎに作ったアクションを選択した状態で、
ファイル→自動処理→バッチ
バッチの設定
アクションが記録したものになっていること、
ソースをフォルダにして
その下の選択で、原稿のあるフォルダを指定。
実行後は保存して閉じるにする。
カラープロファイル警告を非表示にチェック入れとくと
アラートが出ないので、途中で止まったりせずに済むと思う。

作業完了後
バッチ終了後。
ちょっと見にくいけど、
psdファイル三つならべてます。
ファイル名とちゃんと同じページになってます。
無事に動いた。
めでたし、めでたし。

avi dhilgia

2012年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
silva komei

About

2010年7月19日 17:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ページ打ちのスクリプト@デジタル原稿」です。

次の投稿は「トーン用のパターン定義」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。